光・水・魚 幻想へ誘い 新江ノ島水族館ナイトワンダーアクアリウム2015

スポンサーリンク
1: 機械式 ★ 2015/07/18(土) 11:31:37.64 ID:???*.net

 藤沢市の新江ノ島水族館は、夜間特別企画「ナイトワンダーアクアリウム」を十八日から始める。特殊技術を駆使し、映像と展示水槽を組み合わせて幻想的な世界を作り出す。十二月二十五日まで楽しめる。

夜のイベントは昨年、開業十周年を記念して初めて実施。七月半ばから十一月末まで、三十三万人以上を集めた。多くの来場者から「クリスマスまで続けて」と要望があり、今年は期間を延長した。

nwa_daisuisou_440

昨年同様、コンピューターで作成した映像を水槽などに投射する「プロジェクションマッピング」という技術を導入。
高さ九メートル、幅十二メートルの「相模湾大水槽」では、水槽の周りを花々が囲み、水槽の中を花で覆われた生き物が泳ぎ回る。映像は魚の微妙な動きに応じて変化し、一瞬一瞬、すべて違う絵になるという。

nwa_Balloon440

夜の水族館の空間は、光の球体に囲まれます。光の球体は、人が叩いたり何かにぶつかったりして衝撃を受けると、光の色を変化させ、色特有の音色を響かせます。そして、次々にそのまわりの球体も呼応し、同じ光の色に変化し音色を響かせていきます。

nwa_koou_440

人が水槽のガラス面に近づくと、水槽の光の色を変化させ、色特有の音色を響かせます。そして、その近くの水槽も次々に呼応し、同じ光に変化し音色を響かせていきます。

nwa_oekaki_440

「お絵かき水族館」は、来場者が紙にクレヨンで描いた生物の絵をスクリーンに投射。生物が命を吹き込まれたように動き出し、手を伸ばすと逃げていく。同水族館によると、九月には新しいプログラムを追加する予定で、屋外の展示水槽での実施も検討している。

毎日午後五時~同八時、入場料のみで観覧可能。会期中、休みもある。問い合わせは、新江ノ島水族館=電0466(29)9960=へ。 (吉岡潤)

東京新聞 2015年7月18日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20150718/CK2015071802000121.html

新江ノ島水族館
http://www.enosui.com/

スポンサーリンク

関連動画:ナイトワンダーアクアリウムで花柄のマンタ Floral pattern manta

クラゲのプロジェクションマッピング「海月の宇宙」

呼応する小さな海

呼応する球体と夜の魚たち

お絵かき水族館

元スレ:【神奈川】光・水・魚 幻想へ誘い 新江ノ島水族館 
きょうから夜間企画 [東京新聞][07/18]

スポンサーリンク

オススメ記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。