美しいキジトラ猫さん、つらい過去を乗り越えて優しい家族の元へ!

スポンサーリンク

847: もふもふ好きの名無しさん 2018/01/10(水) 17:50:13 ID:fUSogQ1o0

アレックスさんは、ずっと犬派でしたが、ルームメイトの猫と出会って、
猫が大好きになりました。
クリスマスの間、彼と彼の恋人は、職場の同僚から猫を預かって欲しいと
頼まれました。
「猫を返さなければならない時が来て、私は、返さずに自分でこっそり
飼えるように、『実は猫が逃げちゃったんだ』って言いたくなってしまい
ました。でも、その子にはステキなお家があるんだし、お家を必要として
いる子は、たくさんいるんだって気が付いたんです。」

元日、アレックスさんと恋人は、2018年は、家に猫を迎えようと決めました。
アレックスさんは、保護施設のウェブサイトを見てみました。そこで、
ロージーという名の美しいキジトラ猫を見ました。彼は恋に落ちました。
引き取りの申請書を出した数日後、引き取りが承認され、施設のスタッフは、
彼らにロージーの過去について話しました。

スポンサーリンク

生後8ヶ月で施設にやって来たロージーは、過去に2度引き取られ、また
施設に戻って来たのでした。
「最初の人は、ロージーを引き取った1週間後に引っ越して、ロージーを
殺処分所に持ち込んだのです。幸い、処分所で、マイクロチップが見つかり、
うちに連絡をしてくれました。
2度めの家族は、ハンディを抱えたお子さんがいて、残念ながら、その子が
ロージーのことを怖がってしまったので、彼らはロージーをここに戻さざるを
得なかったのです。」

その後、すてきな家族が、ほかの猫や犬たちと遊べる彼らの家に、ロージーを
預かってくれました。
「預かりボランティアさんのご家族は、素晴らしい家族で、地元の研究所から
救出された動物たちを、本当のお家が見つかるまで預かっているのです。」

ロージーは、ひたすら愛されたかったのです。
アレックスさんがこの愛らしい猫に会った時、彼らはすぐに運命の猫だとわかり
ました。ロージーは本当のお家に行き、リビーという名前をつけてもらいました。
「家に来たリビーは、ここが本当のお家だとわかったようでした。彼女は私が
近くにいる時はいつでも、私に体を擦り付けました。」

リビーは、パパが歩くと、その足の間を歩き続けました。そして、その日、
パパが映画を見ている間、彼の腕の中に丸まって喉をゴロゴロさせました。
「最初の晩、彼女は私の腕に抱かれて、一晩中ゴロゴロ言っていました。」

リビーは、今、本当の家族と、大きなベッドを共有しています。
「リビーは素晴らしいです。私は彼女とずっとずっと一緒に過ごしたいです。
実のところ、彼女が私を家族に選んだのです。」

 ⋀♕⋀ つらい過去を乗り越えて、優しい家族の元へ!
(₌◕⋏◕₌) スリスリゴロゴロ甘えん坊のロージーさん。
出典:【love Meow】Man Gives Shelter Cat a Home and Now Can’t Walk Anywhere Without Her Wanting Love
http://www.lovemeow.com/man-gives-shelter-cat-a-home-and-now-cant-walk-anywhere-without-her-wanting-love-2523398887.html

引用元: (=゚ω゚) 可愛い猫の動画や画像を貼るスレ:Part 2

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。